ふゎとした空を見ていたら…


最近、良い意味で物事にあまり執着しなくなってきた。

…と書いてみて思ったのだけど、「良い意味で」って言葉、なんかおもしろい。

「良い意味で」「悪い意味で」

添えられた言葉で、モノゴトがまるで違うものになってしまうではないか。実際は何も変わらない、ただのモノゴト(出来ごと)に過ぎないというのに。


捉え方の違いを表すための言葉なのでしょうね。
もしくは、モノゴトに意味を加えるための言葉。


ところで我が家の旦那様。
一つ一つのモノゴトに、意味を加えることをあまりしません。黙々、淡々としている。

ともすると感動の薄い世界に生きているように見えるけど、そうではないんですよね。

たとえばいつだったか、息子が通う空手道場の先生が演舞を披露したとき。初めてそれを目にした夫に、「ね、すごいでしょ!」そう思いながらふと見ると、驚いたことに涙を流していた。
そこに何か意味があったのかというと、きっと、何もなかったのだろうな。目の前に繰り広げられたモノゴトに、体が、心が、反応しただけなのでしょう。

シンプルに生きるコツを、夫は私より知っているように思います。



昨日はとても暖かく、こんな風にふゎとした春みたいな空が広がっていました。
こんな空を見ていたら、モノゴトひとつひとつに意味を見つける必要なんて、ないのかもしれないなあ。
そんなことをふと思ったのでした。




**

こんなブログも書いています♪

海日和♪

南国宮崎の海の香りをあなたにお届け。 夫のサーフショップのお手伝いをする毎日、一人の母として、一人の女性として、日々の徒然を気ままに綴ります。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • hiromix

    2016.10.31 12:26

    @welina-kaiもう何なんだろねっこの以心伝心感😆💕またいろいろ語りたくなるわ〜。MJの道中ロングドライブでいろーんなこと話したなーと、たまに思いだすよ。またあんな感じの、いつか一緒に行きたいね♡
  • welina-kai

    2016.10.31 10:20

    何だかまたまた同じです。 黙々と淡々とって言葉が似合う旦那です(笑) シンプルって大切だなぁと日々感じてる真っ最中です♪