ちゃんと褒める

性格がまるで違う男の子二人の子育ては、楽しくも悩ましい。

私は長女だったので、甘えることがうまく出来ない長男の気持ちが良く分かる。
けど果たして、次男坊の気持ちがきちんとわかってあげられているのかな??
そう思う時もある。

どちらの良いところも見逃さないでいたい。

そう思うあまり、どちらにも中途半端、精一杯ではなく感じることがある。
どこかで難しく考えすぎたり、構えすぎてしまっているのかもしれない。

少し前の話になるのだけれど、
空手の試合で組手も形も両方優勝することができた次男坊。

試合後初めてみんなが揃う練習の際に、みんなの前で先生からお言葉を頂いていた。

「試合に出て勝ち上がる人の多くは、組手なら組手、形なら形だけを練習して出場している。そんな中で、形と組手、両方に練習の時間を割き、努力してきた。そして本番に、周りの人の倍の試合数をこなし、両方勝ち上がっていくことは、本当に困難なことだったと思うし、本当にすごいことです。」

その言葉を次男坊がみんなの前で頂いているのを聞いて、思わず涙が浮かんだ。

試合が終わって、たくさん褒めたつもりだったけれど、心のどこかで足りない気持ちがあった。

本当は言いたかった言葉を、代弁して頂いたような気持ちになった。

「ちゃんと褒める」

大切なことですね。


海日和♪

南国宮崎の海の香りをあなたにお届け。 夫のサーフショップのお手伝いをする毎日、一人の母として、一人の女性として、日々の徒然を気ままに綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000