悲しみ

毎日を過ごすなかで、やっぱりおもむろに父を思い出すことがある。

病床に伏せていたときは、その現実とばかり向き合っていたような気がするけれど、今は笑顔の父を思い出すことも多い。

そんな父に、もう少しだけ孫たちの成長を見届けてもらえたら、どんなに幸せだっただろうと思う。

そしてそんな素直な気持ちとは裏腹に、もう考えたくないと封印した、さまざまな後悔、怒り、悲しみが、今でもくすぶっていることも思い知るのだった。

そんな波がやってきてしまったときは、もうそれ以上は考えない。
ただただ悲しみを感じて、受け止めて、波が過ぎて行くのをひたすら待つ。

そんな思いを抱えているのは、私だけではきっとない。


父が旅だったときに、

「本当の意味で心が癒えるには時間がかかる。前を向こうとすることも大切だけれど、時間がかかって当たり前だと思って、あまり無理をしないことです」

そう言ってくださった方がいた。
その意味を、日々を追うごとに噛みしめている。

暗い方に暗い方に向かって生きていくのは嫌だ。藁にすがってでも、私は明るい方を目指して生きていたいといつも思ってる。
だけど、悲しいときは悲しいで、仕方がないのだろうなあ。



「桜、ネコ、電車。この言葉を覚えておいてください。」

先日、長引く頭痛で脳外科を受診したときに、処置を受けているカーテンの向こうからそんな声が聞こえてきた。

いくつかの質問をしたあとに、さっきの3つを答えるよう促されている。

「桜、ネコ…」
おじいさんの声がそこで止まる。
まったくの知らない人なのに、私は祈るような気持ちになる。

「もう一つは乗り物でしたよ」
とヒントを出されるとすぐに
「電車」

そうしっかりとした答えが返ってきた。
そのあとの質問にも、しっかりと答える声が続く。

ホッとしながら、なぜだか勝手に涙がこぼれていた。

海日和♪

南国宮崎の海の香りをあなたにお届け。 夫のサーフショップのお手伝いをする毎日、一人の母として、一人の女性として、日々の徒然を気ままに綴ります。

4コメント

  • 1000 / 1000

  • hiromix

    2018.05.11 23:16

    @港川「思い出すことも供養」 ホントそうですね。 喜怒哀楽は、考えるより感じることが大切なのかなあと、最近思うようになりました。 ありがとうございます😊 ブログ、また新しく始められるのですね。拝見できる日がくるのかな?そんなタイミングを楽しみにしています^ ^
  • hiromix

    2018.05.11 23:11

    @welina-kai泣くというのは、一番いい気持ちの開放の仕方だよね。 意地を張ることはあっても、頑固にはなりきれない?私たち。 泣きたいときはちゃんと泣いて、そして笑って、そんな風に生きて行こうね。お互いに😉
  • 港川

    2018.05.11 10:08

    思い出して泣いてしまうことを「いつまでも過去に囚われている」と悲観する方は多いかもしれませんが、私は決して悪いことだとは思いません。 以前なにかで「思い出すことも供養」という言葉を目にしました。 無理に忘れようとしたり前に進もうとしているそれ自体が自分を苦しめる一因にもなりかねないので楽しく生きながら、たまには泣いてみる。というのも無理のない明るい生き方の一つだと思いますよ😊 長々とすみません💦