実りひとつ

次男坊、3月に合格することができなかったサーフィンの級認定試験『2級』を、鹿児島支部主催の認定試験で再チャレンジ。
無事合格することができた。

前回は、
「スピードも、技をかけるセクションもバッチリ。だけどパワーが足りない」

そんな講評をいただき、悔し涙と同時に自分に足りない部分を再認識する結果となった。

「小さな体では、なかなかパワーのあるサーフィンは難しいのでは?」

安易にそう考えてしまう私に夫が、

「小さくてもちゃんとそれなりに、魅せるライディング、評価されるライディングはできる」

そう言って、次男坊にいろいろとアドバイスをしていた。
そしてそれを素直に聞きながら、もっとパワーのあるライディングを目指して、意識して、練習していた。

ちょっと変化が出てきたなってタイミングでたまたま、ショップ仲間から鹿児島支部の認定試験を自分が受けるついでに、息子も連れて行ってくれると言うありがたい話があり、再チャレンジすることになったのだった。

仕事をしながら、結果をヤキモキとして待つ私の元に、合格をいただいてすぐの写真が届いた。それが最初の写真です。

今回のヘッドジャッジが、前回と同じ方だったのがまた、なんだかうれしかった。

帰宅後、どんな講評をいただいたのかを尋ねると、

「ボトムターンもリエントリーもバッチリ。パワーのあるいいライディングでした。」

そんな言葉をいただいたのだそう。

もちろん前回を覚えていてくださった訳ではないのでしょうけど、一番聞きたかった言葉をいただけたのが、何よりもうれしかった。

実りある1日となった。

連れて行ってくれた仲間にも、感謝感謝の1日でした。

海日和♪

南国宮崎の海の香りをあなたにお届け。 夫のサーフショップのお手伝いをする毎日、一人の母として、一人の女性として、日々の徒然を気ままに綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000